トップページ
JA新はこだての仕事

営農・販売事業


営農指導部門

 営農指導部門はJA事業の根幹をなす最も重要な事業を担っています。
 農業経営の技術・経営指導等、組合員の営農支援のための事業を行っており、地域の農家の相談相手となり指導を行っているのがJAの営農指導員です。
 営農指導員はJAと農家を結ぶパイプ役として最も重要な役割を果たしています。

農産園芸部門

 組合員が育てた農産物をJAが集荷して販売する部門です。
 組合員の方々から集められた農産物を有利に販売し、農家所得の向上に繋げることを目的としており、JAの重要な事業(販売事業)を担っております。
 JAの販売事業は品質が均一にそろった農産物をまとめて販売するため、市場で有利な販売が可能となります。

酪農畜産部門

 管内で生産された牛乳や肉牛等を販売する部門です。
 組合員の方々が生産した畜産物を有利に販売し、農家所得の向上に繋げることを目的としており、農産園芸部門と同様にJAの重要な事業(販売事業)を担っております。
 また、酪農畜産部門では販売事業に加え、生産基盤の向上に向けた営農支援のための事業等も行っており、営農指導部門としての機能も担っております。

生産資材部門

 農業生産に必要な肥料や農薬などの資材や農機具を、JAが組合員の代わりにまとめて購入し、組合員に供給します。
 スケールメリットを活かしてメーカーと交渉し、まとめて購入することにより組合員に対して低価格・良質の資材を供給することができます。
 JAが農家の代わりに購買しているので「購買事業」といいます。